個展のこと


個展が1ヶ月後となりました。 今までは1つの国をテーマにしていましたが、今年は変えてみました。理由として、今年は幸運にも数カ国を旅をすることが出来て様々な国のスケッチがあること、もう1つは自分にとって旅とはどんなものなのか、一度しっかりと考えてみたかったからです。 旅は出発してからが本番ですが、私は旅の前と後の時間もとても好きです。出発前これから訪ねる土地の空想にふけり、旅行中は絵を描き続け、帰国してからは頭の中に入っているものを描き出す。 新しい景色や体験は絵を描く大きな刺激を与えてくれますが、自分の無力さを知り、打ちひしがれることでもあります。それは帰国後の勉強のきっかけとなり、次の旅、もしくは何十年先に向けて少しでも改善できるように準備する。 家で過ごす時間は、旅を反芻して次の旅へと繋げるとても大切な時間です。机上の旅も、前回の旅も、そして次の旅も絵を描くことで途切れることなく繋がっている。 今、私の机の前の壁には様々な国の絵がぎっしりと貼られています。 旅の思い出が蘇る、なかなか好みの空間です。 “Sketchbook”は旅の間だけではなく、毎日広げるもの。 旅の前、旅の最中、旅の後、途切れずに繋がっていく空間を作ろうと考えています。

-- おおのきよみ旅のスケッチ展7 “ My Sketchbook ” 会期 2017年11月20日(月)〜26日(日) 時間 12時から18時30分まで 初日と最終日には展示時間に変更がありますのでご注意下さい。 20日は14時から18時30分 まで / 26日は12時から16時まで 場所 銀座月光荘画室2 東京都中央区銀座8-7-18 1F

保存

#個展 #旅の話

© 2020 Kiyomi Ohno