個展のDM


今回のDMに使用したスケッチは、帰国日の早朝に訪れたWarorot Market(ワローロット市場)にて、最後に描いたスケッチです。 既存のイメージに影響されていない一瞬を描きたいと思いながらも、「その国らしいもの」とか「絵になる場所」を探してしまう時があります。(説明をすることが多いイラストのお仕事の癖かも...)そんな視点で描いたものは、誰かの作ったイメージと自分が作った「描きたい風景」の影響を受けているので、思い出に残るものにはなりません。 帰国の時間が迫る中、名残惜しくぼーっと市場を眺めていると、同じくぼーっと壁を見つめるドリアン売りの女性が目に入りました。その姿がとても美しくて、慌てて描いたのが今回の旅で最後のスケッチとなり、大好きな一枚にもなりました。 帰国後、東山魁夷著「風景との対話」の中の一節を思い出しました。 「絵になる場所を探すという気持ちを棄てて、ただ無心に眺めていると、相手の自然のほうから、私を描いてくれと囁きかけているように感じる風景に出会う。その、何でもない一情景が私の心を捉え、私の足を止めさせ、私のスケッチブックを開かせるのである」 心に響く大切な一冊です。 --- おおのきよみ旅のスケッチ展6 Thailand Sketchbook  Colors of Thailand​ 期日 2016年10月4日(火)〜10月9日(日) 場所 銀座月光荘画室3 東京都中央区銀座8-7-5金春ビル4F 時間 12時〜19時(最終日は18時まで)

#個展 #旅の話

© 2020 Kiyomi Ohno All Rights Reserved