© 2020 Kiyomi Ohno All Rights Reserved

個展が終わる


個展が終了しました。 とても寒い2月、連日たくさんのお客様にお越し頂きました。 みなさまありがとうございました。 あっという間に過ぎ去った1週間を思い返すと、開店前の準備時間が思い出深いです。 11時頃ギャラリーに行き2人で30分ほど掃除をしていました。

自然とお互いの持ち回りが決まり、私はギャラリーをほうきで掃いてから ガラス窓と床を水拭き、最後に花に水やり。 夫Dはお湯を沸かし、細々とした設備をチェックしたのち本を並べる。 展示はお客様の見やすいように、日に日に(小さな部分ですが)形を変えていきました。 「もしも、こんな場所を将来持つことができたら」 掃除をして整えて、お客様が見やすいように調整する。 毎日同じことを繰り返している中で、自然とそんな気持ちになりました。 作品だけではなく空間にも愛情が持てるってすごい。 それは、今回初めて利用させてもらったフラスコギャラリーの持つ力だと思います。 オーナーの方の什器ひとつひとつに選ぶこだわりとか、

どんな雰囲気にでも変えていける空間の大らかさ。 1週間自分の経営するギャラリーという夢を見たような気がします。 お店を持っている方には当たり前のことだと思いますし、 それはとても大変なことだと思うのですが・・・。 より一層、素敵なお店を経営されている方々の見えない努力に頭の下がる思いでした。 本の企画が立ち上がり、制作のゴールをこの個展に設定していました。 2年かかって一区切り。また新しい制作に向けてスタートできるのを嬉しく思います。 これからもどうぞよろしくお願い致します。

#個展