旅ノート


本日「台湾旅ノート」が出版になりました。 書店に並んでいるのを見て、ほっと安心しました。 書籍化のお話が出てから約2年弱、ひとつの大きなお仕事が終わった安堵感なのかな。 この本を作るきっかけとなったのは、写真にある「旅ノート」の存在でした。 スケッチをするときに、いろいろなメモ書きとして持っていたノート。 表に出ることはないものですが個展のときに会場に置いていたところ、 楽しんで頂けることが多く、誤字脱字が恥ずかしくも嬉しく思っていました。 旅のいろいろな出来事が詰まったノートは旅をリアルに蘇らせるのかもしれません。 1月30日からの個展では、旅ノートを7冊展示します。 ほとんどのページが本の中に使われているものです。 今回は会場の大きさが違うため展示数は今までより少なく25枚ほどの予定ですが、 本に掲載したスケッチは全て持参しますので、旅ノートと合わせてスケッチも ゆっくりとご覧頂けたら嬉しいです! また個展では本の販売の他に、原画やオーダー小作品の販売も行います。 今回オーダー小作品は、本の中のお気に入りのスケッチの中から選ぶ予定です。 ーー 旅のスケッチ展5 Taiwan Sketch Journal 期日 2015年 1月30日(金)~2月4日(水) 場所 神楽坂フラスコギャラリー 東京都新宿区神楽坂6-16  (Click!) 時間 12:00~20:00 (最終日のみ17時まで) ■ギャラリートーク 1月31日(土)17時より 聞き手に編集者・ライターでひとり旅活性化委員会を主催されている 山田静さんをお迎えし、台湾の旅と本制作の裏側をお話します。 ーー

#台湾旅ノート #個展

© 2020 Kiyomi Ohno